JOB STUDIO

RPAチームブログ

TOP > RPAチームブログ > RPAエンジニア増産計画② -オリエンテーション-2回目

RPAエンジニア増産計画② -オリエンテーション-2回目

前回も行いましたオリエンテーション、メンバーを変え2回目の実施です。

 

今回のブログではオリエンテーションの内容に関してもう少し踏み込んで触れてみます。

実際の研修を受けるあたり、スムーズに説明が頭の中に入るよう

ロボティク子自身で考え作成した教材を使用しています。

 

 ①RPAとは

  なぜ取り組むのか、何ができるのか、何が変わるのか

 ②WinActor製品概要

  操作する為の仕組みの理解

 ③データベースとは

 ④変数とは

  1.何故変数が必要なのか

  2.例:web通販商品価格計算

  3.身近な変数を挙げてみよう

 ⑤フロー、アルゴリズム、

  1フローの種類、

  2.条件の考え方、

  3.アルゴリズム例(ケーキのレシピ)

 ⑥身近なプログラミング製品の例(自動販売機)

 ⑦WinAcctor フロー組立 (受付ロボット作成) 

  ヒアリング、設計、実装

  *事前にプロパティ設定がされたノードを用意

 

⑦の教材は下記のような作りです。

別途テキスト内で各ノードやグループに設定された内容、使用するデータベースを紹介し、動くように考え、ノード並べてもらうという構成です。

 

【ヒアリング/要件】

 •会議室予約表/在籍表を使用してください。

 •お客様への確認事項:ご所属、名前、担当者名、約束の有無

 •約束があれば、そのまま担当者にメール連絡して迎えに来てもらってください。

 •約束が無ければ、会議室の空きを調べて予約、その後担当者にメール連絡してください。
  *会議室は多数在り、足りない事はありません。

 •担当者が来訪を確認したら、お客様に迎えをお待ちの間、おかけいただくようご案内してください。

 •担当者が不在の場合は、その旨お客様にお伝えしお帰りいただく。来訪があった旨を担当者へメール連絡してください。

 

【完成前】

【使用データべース】在籍表/会議室予約表

(ちなみに、このロボットは、当社所属のビートルズメンバーを、幕末志士が訪問するという設定にしています。”役立たずロボ”だけど、フローを理解するという事では役立っています。)

 

【完成フロー図】

ロボット出来上がり動くと、やはり参加スタッフは喜びます。解ると楽しくなる。作ってみたい。との感想も出てきます。まずはそこを目指しています。

 

解らない!を、解るに変える!

RPAを通して、効率を考え、仕事の流れ、作業の意義を理解する!

モチベーションを挙げて維持するお手伝い!

トレーナーの仕事は多岐にわたります。

 

皆さんの職場でも、RPAを通じて"働き方改革"を進めませんか?

byロボティク子(RPAトレーナー)
==========================================================
RPAに導入運用に関するご相談
お仕事紹介等のご希望ございましたら、お気軽にご連絡ください。

 
TOKAIヒューマンリソースエボル
http://www.thr-evol.co.jp/
RPAのお仕事↓
https://haken.en-japan.com/w_32453901/
https://www.hatarako.net/job/46024296/
 
TEL:054-273-4941
  • このエントリーをはてなブックマークに追加